前に戻る
次に進む
案内所に戻る

エフトイズ 1/72 零戦21型

実機についてはこちらを参照して下さい。

本キットはいわゆる食玩で、ガムのおまけになっている塗装済みの組立キットです。 食玩には基本的に手を出さないんですが、スケールが1/72で、フル可動、さらに価格も税抜き1,000円と手頃でしたたので作ってみました。 各部品の結合の多くはスナップフィットに近いものですが、それに頼りきれる程では有りませんので、接着剤は使ってます。 塗装済みですので、接着線は処理してません。

製作の記録です。
FullAction21_Z11.jpg(316352 byte)
エンジンまわりの部品です。組み立てると全く見えない補機類もある程度再現されてます。
FullAction21_Z12.jpg(103169 byte)

組み立てるとこうなります。
FullAction21_Z13.jpg(249800 byte)
コックピットまわりの部品です。
FullAction21_Z14.jpg(167358 byte)
インパネのメータを黒で塗って、シートベルトを追加しました。機首の機銃も再現されてます。 FullAction21_Z15.jpg(233897 byte)
エンジン、コックピット、着艦フック、尾輪、砲口舵を挟んで胴体左右を組み立てます。 FullAction21_Z16.jpg(307301 byte)
折り畳みの翼端、補助翼、主脚付け根の脚カバー、主脚、翼内機関砲を挟んで主翼上限を組み立てます。 FullAction21_Z17.jpg(211824 byte)
胴体と合体する前にタイヤカバーを挟み込みます。翼内機関砲の点検ハッチは別部品です。 FullAction21_Z18.jpg(212561 byte)
昇降舵を挟んで水平尾翼を組み立てます。

ここからは完成品です。

FullAction21_UFR.jpg(261812 byte)
胴体後部の赤帯は塗装済みです。
日の丸や機番のデカールを貼って、光沢クリアをスプレーし、墨入れして半光沢クリアで仕上げました、
袋に入った白い物体がこの製品のメイン?アイテムであるガムです。 FullAction21_UBL.jpg(256646 byte)
マーキングは空母赤城の第1中隊第1小隊1番機の進藤三郎大尉機としました。
翼端の折り畳みは少し角度が足りません。可動の第二風防は胴体とキチン噛み合うようになってます。 FullAction21_P1.jpg(108595 byte)
中島「栄」12型エンジンの940馬力で回しております。
プロペラの回転軸は摺り合わせしただけで事実上無加工ですが、軽く回ってくれました。 FullAction21_OPN.jpg(247792 byte)
降ろせるものは全部降ろした状態です。排気管出口は開口してあります。 FullAction21_CLS.jpg(249541 byte)
降ろしたものを全て引き上げた状態です。主脚まわりはさすがにピッタリとはいきません。 FullAction21_RUB.jpg(262482 byte)
全ての舵を中立位置から動かして、点検ハッチは外してみました。 FullAction21_LUF.jpg(258054 byte)
残念ながらフラップは固定です。

製作の記録の先頭に戻る 完成品の先頭に戻る

前に戻る
次に進む
案内所に戻る