前に戻る 案内所に戻る 次に進む

ドラゴン 1/72 MISTEL5(He162A-2 with ARADO E-377a)

第2次大戦末期、ドイツ軍が考案した親子型の特別攻撃機が「ミステル(宿り木)」です。 「ミステル」は、爆装した機体とそれを操る小型戦闘機によって構成されており、目標突入直前に爆装した機体 を分離し、パイロットは戦闘機によって帰投する事になっていました。 当初は廃物利用的な意味合いで計画さ れた「ミステル」でしたが、後にジェット化された「ミステル5」と言われる計画が立案されました。

この計画の一つに上方の小型母機をハインケル He-162 サラマンダー、突入用の爆装機はアラド E-377aに2基の BMW003Aターボジェットを搭載した機体の組み合わせが有りました。 E-377aと合体?したHe-162は目標近くまで 飛行し、目標到達後にはE-377aを切り離して目標まで誘導する計画でした。。

MISTEL5_UFR.jpg(184149 byte) 計画機ですので実際の所属部隊は有りません。He162のマーキングは実在の部隊かもしれませんが詳細は不明です。
MISTEL5_UBL.jpg(183768 byte) エンジンが再現されてましたのでカバーは開けたままにしました。
MISTEL5_BRU.jpg(178798 byte) He162もE-377aも乗せているだけで接着していません。
MISTEL5_RFS.jpg(178714 byte) 台車のタイヤは回転可能で前輪はステアリングも可能です。 後輪は取付角度を変更できます。   
MISTEL5_LSS.jpg(155602 byte) E-377aには車輪がありませんので、この台車にのせたまま離陸滑走するつもりだった様です。   
MISTEL5_He162.jpg(161132 byte) He162は脚を出す予定でしたが、出したままだとE-377aに乗らないのでカバーを閉じた状態にしてます。
地上でクレーンに吊って、脚を上げてからE-377aに乗せたんでしょうかね。。。。
MISTEL5_Gear.jpg(162270 byte) He162の脚収納庫内部はここまで作ったんですが、上記のように止む無く脚を切り飛ばしました。
前に戻る 案内所に戻る 次に進む