前に戻る
次に進む
案内所に戻る

トランペッター 1/72 NAMC・PAC K-8 カラコルム

カラコルム(Karakorum)は中国の南昌飛機製造公司(NAMC)とパキスタン・エアロノーティカル・コンプレックス (PAC)が共同開発したジェット練習機で中国ではCJ-6やJJ-5、パキスタンではT-37やJJ-5の後継となる機体として 1986年に開発が開始され、中国向けはJL-8、パキスタン向けはK-8と命名されました。

ニックネームのカラコルムは中国とパキスタンの国境となっているカラコルム山脈にちなんでいます。 開発当時の中国はアメリカと友好関係にありましたので、アメリカ製の部品を多用する設計でしたが、天安門 事件によってアメリカ製の部品は入手できなくなりましたので、中国製の部品で置き換えられています。

本機は兵器訓練や軽攻撃任務も考慮されていますので、主翼下には武装可能な4箇所のハードポイントが設けら れており胴体中心線下にはGSh-23-2機関砲ポッドを携行することができます。 中国やパキスタン以外ではアジア・アフリカの諸国に輸出されています。

製作の記録です。
K-8_Z11.jpg(67944 byte)
コックピットから作業を始めます。インパネは塗装ですので精密感はイマイチです。 K-8_Z12.jpg(48966 byte)
それほどテールヘビーでは有りませんが、この程度の錘は必要でした。 K-8_Z13.jpg(196394 byte)
スプレー塗装に備えてキャノピーをマスキングして接着します。完成まで中が確認できないのが難点です。 K-8_Z14.jpg(79909 byte)
白をスプレーしたらマスキングして赤を筆塗りします。この機体は白地に赤と青のパターンが入りますが
何故か青のみデカールが用意されてますので、赤の方は塗装せざるを得ませんでした。 K-8_Z21.JPG(13120 byte)
小さなエアスクープのパーツをピンセットで飛ばしてしまった
のでジャンクのエッチングパーツを少し加工して代用しました。

ここからは完成品です。

K-8_UFR.jpg(177410 byte)
パキスタン空軍の練習機として完成させましたが、部隊名等の詳細は不明です。 K-8_UBL.jpg(193759 byte)
胴体のデカールは苦労するかと思ったんですが、それほどでもありませんでした。 K-8_LUF.jpg(153487 byte)
キャノピーはマスキングしているときにクラックが入ってしまいました。 K-8_RFU.jpg(127925 byte)
主翼上の脚出し指示棒?はモールドされてましたがデカールを貼る
ときの邪魔になるので切り取って、真鍮棒で置き換えました。 K-8_BUR.jpg(155493 byte)
素直に組み立てると水平尾翼に上半角が付いてしまいます。
実機では上半角は無いようですが、修正困難でしたのでそのままです。 K-8_LFU.jpg(124122 byte)
機首のセンサーがやたらと長いです。 K-8_BLS.jpg(120143 byte)
胴体下面には機関砲を搭載してますが、発砲するとコックピット下のアンテナブレードを壊しそうです。 K-8_LSF.jpg(99458 byte)

製作の記録の先頭に戻る 完成品の先頭に戻る

前に戻る
次に進む
案内所に戻る