前に戻る
次に進む
案内所に戻る

ドラゴン 1/700 アメリカ海軍ミサイル駆逐艦 チャンドラー DDG-996

USSチャンドラー(Chandler DDG-996)はアメリカ海軍のキッド級ミサイル駆逐艦の四番艦です。 キッド級は本来1970年代後半にイラン海軍向けに開発されたもので、船体はスプルーアンス級駆逐艦、武器シス テムはバージニア級原子力ミサイル巡洋艦のものを踏襲しています。

しかし1979年のイラン革命によってイスラム共和制が成立したことや同年11月のイランのアメリカ大使館人質 事件によってアメリカはイランが発注した軍需物資の引き渡しを中止したため、キッド級四隻もイランに輸出 されることは無く、1981〜1982年にアメリカ海軍に就役しました。

1990年代後半にはアメリカ海軍からは退役しましたが、2005〜2006年に中華民国(台湾)に売却され基隆級 駆逐艦として運用されています。

製作の記録です。
CHANDLER_Z11.jpg(63248 byte)
全て箱組の甲板上の構造物を組立ました。ヘリ甲板の標識は先に塗ってます。 CHANDLER_Z12.jpg(182551 byte)
船体の方は、舷側と喫水板をそれぞれ塗装して合体、エッチングの手摺を貼って、甲板色を塗りました。 CHANDLER_Z13.jpg(157565 byte)
構造物にも手摺を貼って、塗装しました。
CHANDLER_Z21.jpg(35491 byte)
後部のマストを組み立てて手摺を貼りました。 CHANDLER_Z31.jpg(191419 byte)
手摺工程が終了し、下地に光沢クリアをスプレーしてデカールを貼りました。

ここからは完成品です。

CHANDLER_UFR.jpg(170770 byte)
1990年ごろの状態で完成しました。 CHANDLER_UBL.jpg(167654 byte)
張り線の前に半光沢クリアをスプレーしてます。 CHANDLER_FUL.jpg(156253 byte)
船体や構造物に比べると主砲やミサイルが小さいですね。 CHANDLER_BUR.jpg(147407 byte)
ヘリ格納庫は内部が再現されてないのでシャッターは閉めてます。 CHANDLER_HDK.jpg(187743 byte)
ヘリ甲板の転落防止ネットは塗装前はネットでしたが、塗装でかなり目詰りしてます。 CHANDLER_BRR.jpg(166505 byte)
後部マストのレーダーはのっぺりしたタイプです。
CHANDLER_BRM.jpg(156153 byte)
前部マスト周辺は最もゴチャゴチャしていています。
旗は紙にデカールを貼って張り線に接着しました。 CHANDLER_FLM.jpg(161808 byte)
前方からのアングルです。このレーダーの組立は苦労しました。 CHANDLER_FRU.jpg(117532 byte)
前部も後部もマストの背が高いです。 CHANDLER_BLU.jpg(116973 byte)
張り線はメタルリギング0.04号を使いました。 CHANDLER_RSS.jpg(25205 byte)

製作の記録の先頭に戻る 完成品の先頭に戻る

前に戻る
次に進む
案内所に戻る