前に戻る 案内所に戻る 次に進む

DRAGON イギリス海軍航空母艦 イラストリアス

「イラストリアス」(HMS Illustrious) は、イギリス海軍のインヴィンシブル級航空母艦の2番艦になる軽空母 です。 本艦は1976年10月7日にスワン・ハンター社で起工され、1978年12月14日に進水しました。 建造途中でフォークランド紛争が勃発したため、これに参戦させるために急ピッチで建造が進められましたが、 就役直前に戦争が終結してしまいました。 しかし、終結後もアルゼンチン軍の攻撃に備えるために防空網を再 建中のフォークランド諸島近海での警備に「インヴィンシブル」が就いており、その任務を代替できる「イラス トリアス」の存在は有益でした。 防空網の確立と共に「イラストリアス」はイギリスへ帰還し、慣熟訓練を経て 1983年3月20日に正式に就役しました。

続く10年の間、「イラストリアス」が活躍する機会は有りませんでしたが、その間にシーハリアーを効率的に 運用するためにスキージャンプ甲板の勾配が7度から12度へ変更され、ハリアーGR.7の運用及び搭載機数を増加 させるためにシーダート艦対空ミサイルを撤去することで飛行甲板を拡大し、CIWSをファランクスからゴール キーパーへの変更するなどの近代化が行われました。

1990年代のボスニアにおける飛行禁止区域の設定では、インヴィンシブル級の他の2艦とローテーションを組んで 監視活動に当たり、2000年には、シエラレオネに派遣され治安の回復に当たりました。 2001年オマーン沖にて 演習中にアメリカ同時多発テロ事件が発生し、僚艦がイギリスへ帰還する間もイギリス海兵隊の部隊を擁して アフガニスタンへの侵攻に備え続けました。

2003年中頃から2004年には軽空母任務とヘリ空母任務を効率よく切り替えるための近代化及びスキージャンプ の改修が行われました。 2005年8月4日、「インヴィンシブル」の退役に伴いイギリス海軍の旗艦となりましたが、 2010年のイギリス軍におけるハリアーGR7/GR9の運用終了に伴い、2014年に予定されている退役まではヘリ空母 として運用されるようです。



製作の記録です。
ILLUSTRIOUS_P001.jpg(263214 byte) 船首甲板はバリエーション展開のためでしょうか、複雑に分割されていますが今回はフラットになります。
エッチングパーツも付属していましたが、微妙に合いませんので使わずに整形します。
ILLUSTRIOUS_PC01.jpg(150000 byte) 舷側にも段差や隙間が発生しますので、パテ埋めして整形します。 武装やカッターを除いて塗装まで終了しました。
ILLUSTRIOUS_P02.jpg(265927 byte) 甲板を整形したら、凸モールドになっている標識のラインを塗装します。
ILLUSTRIOUS_P03.jpg(303447 byte) ラインで区切られた区画を甲板色(ダークシーグレー)で塗りつぶしました。
舷側の上半分はエアクラフトグレーで塗って、ブーツトップは上側をマスキングして黒を塗ってます。
ILLUSTRIOUS_P04.jpg(241505 byte) ブーツトップの下側をマスキングして、下地の白、続いて赤をスプレーしました。
プロペラシャフトは真鍮線に置き換えてあります。 舵の付け根にも真鍮線を仕込んでます。
ILLUSTRIOUS_P05.jpg(269570 byte) この状態では船底を下にして直接置くことが出来ませんので、スクリューやスタビライザーを保護するために、
L字の金具と発泡スチロールで工作中の支持台を作りました。 工作時はこれをひっくり返します。
ILLUSTRIOUS_P06.jpg(239638 byte) 甲板上のアイランド構造物に手摺りを着けて、マストに張り線しました。煙突まわりの手摺りは省略してます。
ILLUSTRIOUS_P07.jpg(138127 byte) レーダーはエッチングパーツが用意されてましたので何とか組立ました。左が表で右が裏側です。
プラ部品の基部に取り付けるための支柱は0.45mmの銅線です。
ILLUSTRIOUS_P08.jpg(314104 byte) 甲板に構造物を組み付けてデカールを貼りました。船体はまだドックから外せません。
ILLUSTRIOUS_P09.jpg(182900 byte) ローターを除いて艦載機を組み立てます。 ハリアーとヘリコプターのマーリンはクリア部品が付属してました。
持ち手と甲板への固定軸を兼ねて0.45mmの銅線を仕込みます。 ハリアーは主脚の位置に仕込んでます。


ここからは完成品です。
ILLUSTRIOUS_UFL.jpg(197556 byte) 最終的な改修が行われた状態で仕上げました。
ILLUSTRIOUS_UBR.jpg(197752 byte) ハリアーを搭載しましたので2010年以前の姿と言うことになります。
ILLUSTRIOUS_RFU.jpg(197454 byte) 甲板にはヘリ用のスポットとフィート単位で滑走距離が記入されています。
ILLUSTRIOUS_LBU.jpg(207062 byte) ヘリはローターを畳んだ状態の方が自然な感じもしますが、展開状態のパーツしか有りませんでした。
ILLUSTRIOUS_FRU.jpg(170619 byte) 艦首、艦尾と右舷には30mmCIWSのゴールキーパーが配備されています。
ILLUSTRIOUS_BUR.jpg(167442 byte) 後部煙突のホイップアンテナは無塗装の0.35mmのピアノ線です。
ILLUSTRIOUS_FLS.jpg(167737 byte) 艦首には開口部が有るようですが、開口するのを忘れましたので黒く塗っておくに留めました。
ILLUSTRIOUS_LSS.jpg(115745 byte) 台座のネームプレートはPCで紙に印刷したモノを両面テープで貼り付けました。

製作の記録の先頭に戻る

完成品の先頭に戻る

前に戻る 案内所に戻る 次に進む