前に戻る
次に進む
案内所に戻る

Special Hobby 1/72 グラマン SF-1

キット解説

アメリカ海軍の戦闘機の老舗と言えばグラマンですが、そのグラマンの最初のアメリカ海軍向け戦闘機が複座の FF-1でした。試作機のXFF-1(社内呼称G-23)は1931年12月29日に初飛行し、試験中にエンジンがR-1820-Eから R-1820-Fに換装されパワーアップが図られました。アメリカ海軍は2門の固定機銃と1門の旋回式後部機銃を備え たFF-1を発注しました。

この機体から派生型した偵察戦闘機型がSF-1で、アメリカ海軍は33機を発注しています。SF-1ではエンジンが R-1820-84に換装され、カウリングが大きくなり、排気管の取り回しも変更されています。燃料搭載量は増やされ ましたが武装は固定機銃1門に減らされ、後席では写真偵察を行うことができました。SF-1は1934年3月30日に空母 レキシントンの偵察機隊VS-3Bに配備されました。FF-1、SF-1ともに1936年末には第一線から退き、 予備部隊に転用されています。

製作の記録です。
SF-1_Z11.jpg(60213 byte)
偵察機型ですので後席は後ろ向きです。 SF-1_Z12.jpg(60507 byte)
ベルトは付属のエッチングで、胴体部品にはダボ・ホゾが有りませんのでプラ板でガイドを付けました。 SF-1_Z13.jpg(79950 byte)
筋彫が浅い気がしたので深彫りして、黒を流してから表面をサンディングして均しました。 SF-1_Z21.jpg(66700 byte)
レジン製のエンジンに排気管等を組み付けて、プロペラの回転機構を仕込みます。 SF-1_Z22.jpg(182645 byte)
翼間支柱の取り付けは金属線で補強し、リード線をばらしてワイヤで張り線の固定用のヒートンを作ります。 SF-1_Z23.jpg(225295 byte)
塗装を始めました。胴体のグレーはそのまま機体色ですが、白は後で赤や黄色を塗るための下地で、
黒は銀の下地です。主翼はこれから黄色を塗りますが、後で赤を塗るところをマスキングしてます。 SF-1_Z31.jpg(173448 byte)
翼間の張り線を行い、デカールを貼って、車輪も組み付けて乾燥中です。

ここからは完成品です。

SF-1_UFR.jpg(193378 byte)
空中線を貼り線して完成です。 SF-1_UBL.jpg(189768 byte)
1935年 航空母艦レキシントンに配属されたVS-3飛行隊所属のSF-1仕様で仕上げました。 SF-1_P.jpg(150721 byte)
ライト R-1820-Fの750馬力で回しております。 SF-1_URB.jpg(164800 byte)
下翼のステップにはハセガワのつや消し黒フィニッシュシートを貼ってます。 SF-1_ULF.jpg(171917 byte)
軍用機とは思えない古き良きカラフルネイビー時代の塗色です。 SF-1_RBS.jpg(42412 byte)
翼間と空中線は0.1mmのハリスです。 SF-1_LSS.jpg(42564 byte)
上翼のエルロンにはバランスタブらしいものが付いてます。 SF-1_RSF.jpg(45875 byte)

製作の記録の先頭に戻る 完成品の先頭に戻る

前に戻る
次に進む
案内所に戻る